京都のキャバクラの特徴を紹介

京都府は言わずと知れた一大観光地。
とくに多くの神社仏閣や観光名所が密集する京都市内は、国内外から多くの観光客が集まり連日多くの人で賑わう街となっています。
平成27年度の京都府内への観光客の流入は年間で約8,748万人、京都府内観光消費額はなんと驚きの約1兆264億円!
京都府は日本国内でもトップレベルの知名度と集客力を誇っているのです。

そんな一大観光地・京都のキャバクラには、やはり連日多くのお客様がやってきます。
地元の常連客だけではなく観光客も押しかけますのでキャバクラやパブ、スナックなどお店の数も多め。
とくに一大繁華街・祇園や木屋町、河原町エリア、縄手通りには多くのお店が林立しており、求人がかなり多くて稼ぎやすいのです。
これから「京都のキャバクラでキャバ嬢としてバイトがしたい」という女の子へ、京都のキャバクラの特徴をわかりやすくお伝えしますね。

キャバクラの求人が多いのはやっぱり祇園界隈

京都のキャバクラ求人が多いのは、やはり祇園。祇園には観光客相手の格式が高いキャバクラと、地元の常連相手のキャバクラの2種類のお店があります。

前者の方は和のテイストを大事したインテリアや、上品な雰囲気でお客様を丁寧におもてなしするタイプ。
京都を訪れる観光客のなかでも、とくに外国人は京都に「和の美しさ」「上品さ」を求めているからです。

なかには西洋系の観光客が来店しやすいように、アメリカンな雰囲気の明るいお店もあります。
お店によって雰囲気はさまざま。
一方、常連客を相手にするキャバクラはカジュアルで敷居もそれほど高くないため、面接をおこなったその日から即働くことができます。
最初は体験入店と「いう形でバイトを始めるのが無難ですし、多くのお店でそのような形をとっていますからご安心を。

もしお店の雰囲気が合わない、想像していた仕事とは違う、私には向いていないと思ったら、その日のうちに「無理です」とハッキリ伝えればOK!
体験入店でもその日のバイト代はしっかり支払われますので、おためし感覚で気軽にバイトができるのがメリットですよ。

英語や中国語が話せると時給がアップ!

もし英語や中国語など外国語が話せるなら、時給が500~1,000円程度アップします。
とくに観光客専門のキャバクラでは、外国語が話せるのは大きな武器。
キャバクラでバイトを考えている女子大生のなかでも、現在外国語を勉強している方がいればこれはチャンス!
外国人と外国語での会話を楽しみながら、高額なバイト代をゲットできる可能性がありますよ。
送迎ありのキャバクラなら勤務が楽 京都のキャバクラのなかには、スタッフがキャバ嬢を自宅まで、また最寄りの駅まで車で送迎してくれるサービスも。
これなら歩いて自宅や駅まで歩く手間がありません。
ただし、送迎代をしっかりバイト代から差しひくお店もあるので、費用の負担を誰がするのか、どの範囲までなら送迎してもらえるのか確認しておきましょうね。