多くの男性が好印象をもっている「京都弁」

「方言丸出しの女の子ってかっこ悪い~」なんて思っていませんか?その発想、実は間違いなんです。
最近は「方言でしゃべる女の子ってなんか可愛い」「地元を愛してる感が伝わってきてイメージがいい」と、多くの男性が好印象をもっているんです。
人気のある深夜のトーク番組で方言が注目されている影響もあるようですね。

そして京都の言葉は、大阪弁と1・2を争うほど好感度の高い方言。
独特のまったりとした話し方が、男子から「かわいい」「癒される」「上品に聞こえる」と好印象をもたれていますよ。
これだけイメージの良い京都弁を封印しておくのは、正直もったいないですよね?

キャバクラには地元の方はもちろん、日本各地から観光客が多数訪れます。
京都弁を普段耳にしない観光客にとって、まったり癒し系の京都言葉はウケが良いんです。

語尾に特徴のある京都の言葉

京都言葉は語尾に「~はる」や「~へん」といった言葉をつけます。
たとえると「行く」は「行かはる」ですし、「聞く」は「聞かはる」となります。
また「話せない」は「話せへん」、「行けない」は「行けへん」ですね。

標準語で「話せない」と言うと突き放されたようで冷たい印象を感じてしまいますので
「それはちょっと話せないんです、ごめんなさい」と柔らかめの言葉にして伝えますよね?
でも京都言葉の「話せへん」は、たった4文字でやんわりと、ふんわりと返答できるのが魅力。

もちろん怒ったように「話せへん!」と言われれば怖い印象を与えてしまいますが、ちょっと困り顔で「話せへん……」と言われると「ああ、話しをすると困ることがあるんだなぁ」と納得できるのが不思議なところ。

ほかにも語尾に「~かぁ」をつけることもあります。
「面白いよ」は「面白いねんかぁ」となりますが、ちょっと温和で優しい感じに聞こえますね。
敬語の「いらっしゃる」などの「~される」は、京都では「~しはる」になります。
「外出しはる」「お話ししはる」「寝てはる」などがその使用例ですが、独特の雰囲気が良く伝わってきます。

言葉のもつ可愛らしさやおだやかさ、京都という土地にあった上品さで京都言葉は大人気。
これを使わない手はありませんよ。


全体的に穏やかに、かわいらしく話すと印象アップ

京都の方言は全体的にやわらかく優しい雰囲気なのですが、ゆったり、ゆっくり、穏やかに話しをすることで、さらに穏やかな雰囲気が伝わりますよ。
男性はとくにキャバクラに「癒し」「ストレス解消」を目的に通ってきますので「この子、かわいいな」「守ってあげたくなる」「癒される」と思ってもらえれば指名にも結びつく可能性アップ!
かわいい京都言葉を多用して、男心をくすぐっちゃいましょう!